banner

工事期間

厚木で一戸建て住宅を建てる際の工事期間

厚木で一戸建て住宅を新築する際には色々な業者を選ぶことが可能ですが、依頼する業者によって特徴が異なりますので、希望条件に合わせて選ぶ必要があります。希望条件の中には間取りプランなど設計能力の高さもありますが、完成までの期間が短いこともあります。一戸建てでは依頼先によって工事期間が変わりますが、極端に短縮することは不可能ですから平均的な工事期間を把握しておく必要があります。厚木では狭小土地に新築するケースが多くなりますが、前面道路や土地の狭さかが工期に影響を与えますので、厚木の地域性を考慮することも大切です。

一戸建て住宅の新築にかかる期間は依頼先によって変わりますが、木造の在来工法でも設計事務所と工務店で異なりますし、ハウスメーカーの場合には構造が違いますので工期の短縮が可能です。構造によっても工期は変わりますが、住宅は一軒ごとにプランが違いますので、同じ面積で計画しても工期は異なるのが基本です。平均的なケースでは、木造在来工法で2階建て、30坪程度であれば4ヶ月が平均となります。

在来工法では4ヶ月を見ておく必要がありますが。工務店に依頼した場合には1ヶ月程度余裕を見ておく必要がありますし、設計事務所に依頼した場合にはプランの計画から実際に工事にかかるまでの期間が長くなるため、工期はさらに必要となります。プランや規模にもよりますが、設計事務所に依頼した場合には6ヶ月程度かかることもあります。ハウスメーカーでは工場で加工したパネル工法を採用しているため、施工が簡単で工期の短縮が図れます。3ヶ月程度で完成する場合が多いため、速さを求めればハウスメーカーが最適です。

厚木では木造以外の構造を選択しなければならない場合もありますが、プレハブ工法では2ヶ月から3ヶ月程度で完成する工期の短さがメリットになります。工期が短いほど無駄な経費がかからないために経済性は高くなりますが、住宅は長く住むものですから品質を重視することも大切です。

厚木で一戸建て住宅を新築するのに必要な工事期間は、依頼先によっても変わりますし構造によってもかわります。在来工法では4ヶ月程度必要ですが、ハウスメーカー独自の構造では工期が短いメリットがあります。工事期間が短ければそれだけコストが下がりますが、長く住む必要がある住宅で安かろう悪かろうでは意味がありませんので、工期にこだわるよりも施工品質の高さを重視することが大切です。”

Copyright(c) 2018アクセスで選ぶ厚木住宅All Rights Reserved.