banner

利用するポンプ

トイレつまりの時に利用するポンプについて

トイレで用を足した時には最後に水を使い排泄物を流しますが、この時水の流れがスムーズにならないと言うトイレつまりが起きている場合などでは、そのままにしておくと詰まりの症状は悪化する事になります。

トイレつまりの解消グッズとして利用されるケースが多いのがラバーカップです。
ラバーカップは、ホームセンターや100円ショップなどでも購入できる道具で、先端部分のゴムサイズ、柄の部分の長さなど便器のサイズに合わせて選ぶのがコツです。

トイレの便器と言っても色々なサイズが有りますので、便器の排水溝部分をしっかりと覆ってくれる大きさのラバーカップを選ぶ事が大切です。
また、柄の長さも色々なサイズが有るので、使いやすいサイズを選んで購入をしておくと、トイレつまりが起きた時でも安心なのです。

因みに、ラバーカップを利用する時は、トイレつまりの原因となっている異物を軟らかくすると取り除き易くしてくれます。
異物を軟らかくする効果を持つのが熱湯や重曹で、重曹もホームセンター、100円ショップ、ドラッグストアー、スーパーなど様々な場所で購入する事が出来るのです。

因みに、重曹は茶渋を落とす時にも利用できる便利な薬剤であり、キッチン周りの掃除をする時にも便利です。

また、ラバーカップや重曹と言うトイレつまりの解消グッズは、便器の流れが悪くなった時だけではなく、便器から水が流れなくなり、トイレが利用出来ないと言う場合にも利用できるグッズです。
但し、詰まりの症状などに応じてラバーカップなどでは解消が出来ないケースも有りますが、このようなケースでは専門業者に依頼をして修理をして貰う必要が有るのです。

便器の中に溜まっている水は、ポンプを使ってくみ出してから、排水溝部分に高圧洗浄機のホースを挿入して詰まりの解消を行って行く事になります。

ポンプを利用する事で便器の中に溜まっている水を簡単にくみ出すことが出来ますが、普通の住宅ではポンプは有りませんので、バケツを利用して中の水をくみ出すことになるのです。
尚、便器の中に在る水が流れない時など、そのままの状態で水を流すと便器から水が溢れ出て来ることになりますので、水を流して流れが良くなったかどうかを確認する場合には、便器の中の水をバケツなどを利用してくみ出してから、水洗タンクの水を流すようにする必要があり、そのままの状態で水を流すと便器から溢れてしまい、床を水浸しにしてしまったり、階下への水漏れが起きるので注意が必要です。

Copyright(c) 2015トイレづまりの症状の一つ、水の溢れかえりについてAll Rights Reserved.